TOP » 外壁塗装にまつわるQ&A » 外壁塗装で人気の色は?

外壁塗装で人気の色は?

外壁塗装の色選びのコツ

周囲に調和させるのか目立たせるのか方向性を決める

色を選ぶ際は周囲の住宅の色合いも考慮することが大切です。周囲に合わせて溶け込みやすいカラーにするの、それともあえて雰囲気の違う色を選んで自宅を強調していくのかコンセプトを明確にしましょう。近隣の住宅を撮影して、写真を見ながら業者と相談するのがおすすめです。屋根の色が見えるタイプの住宅であれば、屋根の色との相性も考えて選ぶ必要があります。

また周辺環境のチェックも重要です。例えば大通りに近い住宅の場合、車の排気ガスにより外壁が汚れやすくなるので白い塗料は不向き。この場合はベージュといった、汚れの目立たない色を選ぶと良いでしょう。

最低でもA4サイズ以上の面積で確認する

色を確認する際は大きく見やすいA4サイズ以上の見本を使って確認すると、色の違いがよく分かります。大きい面積で比較すると、ちょっとした色の違いも格段に気づきやすくなるのがメリットです。

A4サイズの見本を使用しても色が決められない時は、一度業者に依頼して試し塗りしてみるのも良いでしょう。仕上がりをより明確にイメージできるようになります。ただし、試し塗りは別途費用が必要。実際に塗って確認したい場合は、予算について業者と相談しながら進めてくださいね。

カラーシミュレーションをする

屋根や周囲の雰囲気を合わせて考えながら配色しないと、実際の仕上がりがイメージと異なるケースもあります。塗装した際のイメージを全体的に確認したいなら、カラーシミュレーションを試してみるのが良いでしょう。外壁だけでなく屋根の色との相性も見ることができるうえ、複数の配色を比較できます。住宅の周辺状況について細かく業者に伝えておけば、おすすめの配色を提案してもらえるのも大きなメリット。

カラーシミュレーションはネット上でもできるので、ぜひ一度試してみてください。いくつかのパターンを選んだうえで業務に相談すると打ち合わせもスムーズに進みますよ。

できれば太陽光で確認、朝、昼、夜に色確認

見本で確認する際は、室内だけでなく外でも確認してみましょう。太陽の下で見ることで、色合いが変わって見えるケースもあります。また朝・昼・夜といった時間帯や晴れや曇りなどでも色の見え方が変化するため、さまざまなシチュエーションで確認することが大切です。

色を選ぶ際の注意点

やや暗めの色調を選ぶ

太陽光の下で見た時、広い面積で見た時は色のトーンが明るくなります。それを考慮しないと、希望のイメージよりも明るい色合いになってしまうことに…。色を選ぶ際は希望する見本のよりも1~2段階ほど暗め・濃い目の色を選ぶのがおすすめです。

真っ白や真っ黒は汚れが目立ちやすい

白と黒は砂のベージュや藻の緑が目立ちやすいため、外観の美しさを保ちたい場合はあまりおすすめできません。汚れが目立たないのはグレーやベージュなどの塗料。煙や砂の汚れが同化しやすいので、汚れが目立ちにくいのです。

どうしても白や黒が良い場合は、周辺環境に合わせた塗料を厳選してください。例えば湿気が多い場所ならカビ・藻が発生しやすくなるので、防水性に優れたシリコン塗料がおすすめです。

原色系統の色は色あせしやすい

赤・黄の原色は色あせしやすく、時間が経つと全体的に色が薄くなるのがデメリットです。色あせは紫外線により塗料内の元素の結合が破壊されて起こります。赤と黄は特に紫外線の影響を受けやすいため、他の色と比べて色あせしやすいのです。色あせを避けるなら、青やクリーム系など色あせしにくい色で塗装してもらうのがおすすめ。赤や黄色を選びたい場合は、耐用年数が長く耐候性に優れたフッ素塗料やラジカル塗料を選ぶと良いでしょう。

最近の傾向と人気色

外壁塗装で一番多く選ばれる色はベージュです。落ち着いた印象があり、汚れが目立ちにくいのが魅力的。同じような理由でグレーやブラウンの人気も高いことから、「住宅を強調せず美観を保ちたい」という傾向が強いと考えられます。

また、塗装は屋根との配色バランスを考えて行なわなければいけません。配色を決める際は、色相環で見て色味が近いものを選ぶと落ち着いた雰囲気に仕上げることができます。明るく派手な色合いはベージュやグレーなどと比べて失敗しやすいので、必ず業者と話し合って決めてくださいね。


完全自社施工
板橋の方へ外壁塗装でお悩みでしたらまずはここ

RINX

板橋で唯一の
ショールーム
で仕上がりを実感!

RINXの
公式サイトはこちら

RINXに
電話で相談する

RINX

板橋で唯一の
ショールーム
で仕上がりを実感!

RINXの
公式サイトはこちら