板橋区の外壁塗装業者 » 外壁塗装の費用にまつわるQ&A » 塗装の種類、耐用年数、価格帯は?

塗装の種類、耐用年数、価格帯は?

外壁塗装の費用にも関わる、塗料の種類と耐用年数は?

本ページでは、外壁塗装において費用面を大きく左右する、塗料の種類と耐用年数、および価格目安などをご紹介していきたいと思います。

実は外壁塗装というものは、使用する塗料によって費用が大きく左右されるというものでもあります。安価なものはその分耐用年数も短く、逆に長持ちするものはそれだけ値段も張るということになります。こうした塗料の種類ごとの特性や価格の違いというものは、作業依頼や見積もりを検討する際に重要な要素となりますので、ぜひ知識を深めておいてください。では、主要な塗料の種類をご紹介していきましょう。

アクリル系塗料

歴史的にも古く、コスト面でも最も割安。かつては主力の塗料でしたが、耐用年数は5年から8年程度と短く、紫外線にも弱いため、近年では用いられることが少なくなってきています。屋根などには不向きな反面、モルタル壁や不燃材を用いたサイディング壁などには適しています。

価格相場:60万円~70万円程度(30坪の場合)

ウレタン系塗料

アクリル系に比べ紫外線に強く、水弾き性も優れています。密着性が高く、塗料表面にツヤツヤとした光沢があるのも特色。ただし、比較的汚れやすいという短所も。耐用年数は6年から10年程度と、アクリル系よりは長いものの、シリコン系ほどではありません。板張りやモルタル壁全般、不燃材/金属製サイディング壁などに適しています。

価格相場:72万円~84万円程度(30坪の場合)

シリコン系塗料

一戸建て住宅向けとして、現在の主流となっている塗料です。紫外線に強く親水性もあるため、汚れを防ぐ効果が望めます。耐用年数も8年~15年程度に伸びています。ただし、種類も多いため、どれを選ぶかが重要になってきます。モルタル壁全般、不燃製サイディング壁などに適しています。

価格相場:87万円~102万円程度(30坪の場合)

フッ素系塗料

外壁用塗料として12年~20年という耐用年数を誇りますが、その分価格面でも高くなります。ただし、製品によって耐用年数や価格に幅があります。どちらかと言えば、一般住宅よりもビルや施設、集合住宅などに用いられるケースが多いようです。

価格相場:111万円~130万円程度(30坪の場合)

遮断熱塗料

太陽の光を塗料面に溜める断熱性や、熱を反射し暑さから建物を守る遮熱性を発揮するように開発された特殊塗料です。耐久性にも優れ、エアコン依存度を下げるといった効果も望める反面、コスト面は高めとなるのが現実です。

価格相場:117万円~137万円程度(30坪の場合)

光触媒塗料

近年注目の塗料で、簡単に言えば、光に当たると電子が発生してカビや油分汚れなどを分解。さらに親水性の性格を持つため、分解された汚れが雨で洗い流されるという特徴があります。TOTOのハイドロテクトが代表格。値段は高めですが、建物の美観を持続させたい場合にはお勧めです

価格相場:129万円~151万円程度(30坪の場合)

板橋区 検索上位10業者のWEBサイトチェック結果
板橋区 検索上位10業者のWEBサイトチェック結果