板橋区の外壁塗装業者 » 外壁塗装の費用にまつわるQ&A » 外壁塗装は、なぜ塗り替える必要がある?

外壁塗装は、なぜ塗り替える必要がある?

ご存じですか?外壁塗装の必要性とは…

本ページでは、建物の外壁塗装の必要性についての解説や、塗装の寿命、塗り替え時期の判断基準などをご紹介していきたいと思います。

なぜ建物に外壁塗装が必要なのか?

そもそものお話として、建物にはなぜ外壁塗装が必要なのでしょうか?建物の見栄えや外観を良くするというのはその理由のひとつです。しかし、それ以上に、実は重要な理由があるのです。それはズバリ、風雨や紫外線といったダメージから建物自体を守るという約割。木造であれ、鉄骨造であれ、鉄筋コンクリート造であれ、このことは変わりません。つまり、外壁塗装を怠ると、建物の劣化が進んでしまうという訳です。

塗料には耐用年数がある

そして、壁塗装に用いる塗料にも、耐用年数というものがあり、永久的に効果が持続する塗料というものは残念ながらありません。それゆえに、外壁塗装の塗り替えは不可欠なのです。

塗り替え時期の目安

では、外壁塗装を塗り替えるタイミングはいつがよいのでしょうか?塗料の種類にもよりますが、一般的には10年~15年程度がひとつの目安になります。建物をより長持ちさせるには7年程度が理想的とも言われています。その一方で、塗料の劣化具合というものは、建物の立地や方位、気象条件などによっても変わってきます。以下に、セルフチェックのポイントをご紹介しますので、これらの兆候が出てきた場合は、信頼できる専門業者に相談するのが賢明です。

パーツごとのセルフチェックポイント

屋根

屋根材のひび割れや瓦の釘浮きなどは、症状劣化のサインです。普段なかなか目に出来ない場合も多いため、気がついたら劣化が進行しているというケースも。早い段階であれば塗装でのメンテナンスと劣化防止が可能です。

外壁

目で見て、ひび割れが発生していたり、カビや苔、藻などが付着している場合は、塗り替え時期のサインです。また壁面を触ると手に粉状のものが付着する場合も同様です。「チョーキング現象」と言い、塗装の塗膜が分解され、表層劣化が起こっている状態になります。

基礎・外構

実は外壁や屋根だけでなく、基礎・外構コンクリート・ブロック部分にも専用塗料による塗装は必要です。鉄筋コンクリート造の建物の場合も然りです。プロの判断を仰いでください。

付帯部

雨樋・雨戸・軒天・戸袋・小庇・破風板・幕板などを指します。これらは木製や鉄製、塩化ビニールなど素材が様々で、適した塗料や施工方法も変わってきます。もちろん塗装によって長持ちにつながりますので、この点も留意しておいてください。

板橋区 検索上位10業者のWEBサイトチェック結果
板橋区 検索上位10業者のWEBサイトチェック結果