板橋区の外壁塗装業者 » 外壁塗装の費用にまつわるQ&A » 見積書の確認ポイントは?

見積書の確認ポイントは?

外壁塗装業者の善し悪しを、見積書からチェック

本ページでは、外壁塗装業者を判断する材料として、見積書からチェックする方法や、ポイント、記載される項目などについて述べていきたいと思います。

詳細不明な見積もりを出す業者は要注意

まずは「こんな業者は避けるべき」という一例から。たった一行「外装トップコート塗り 足場込み一式 ○○○円」とだけ書いてあり、工程ごとの詳しい記載や、塗料の種類が書いていない、あるいは塗装面積が他社の見積より明らかに多いといった業者は直ちに縁を切るべきです。信用もなにもあったものではありません。

専門用語や用途不明な項目には質問を!

逆に、やたらと専門用語などを羅列したり、あるいは、「場内小運搬」「安全対策費」「現場管理費」「脚立使用料」など、本当にこんな費用が必要なのかといった項目が並んでいる場合もあります。そうした場合は臆せずに質問してください。きちんと納得できる説明をしてくれる業者かどうかを、そこで見極めることができます。

大幅な値下げをしてくる業者も要注意

もうひとつ、最初に提示していた金額を大幅に値下げしてくるような業者も避けるべきです。依頼者がなにも分からない素人だと高をくくり、いわゆる、ぼったくりを行おうとしていたと考えられるからです。どうしてそんな業者に依頼できるでしょうか。

優良業者を判断するポイント

逆に、優良業者を判断できるポイントについて、ご紹介しておきましょう。手間をかける必要や、費用をかける必要がある点をしっかり明示し説明してくれるかどうかが重要です。

塗料の種類や塗る回数、下地処理等について明示&説明してくれる

まずは塗料に関して。外壁塗装は、下塗り、中塗り、仕上げ塗りの3回が基本です(塗料の種類によっては2回や4回の場合も)。そうした内容で記載されており、なおかつ、その塗料の種類と用いる理由などをキチンと説明してくれるのであれば、信頼度は高くなります。

また、外壁塗装に際しては、以前の塗料の除去(ケレンと言います)や、ひび割れなどの修復といった下地処理が不可欠となります。どのような作業を行い、それぞれに幾らかかるのかをキチンと説明してくれるかどうかも重要です。

足場や養生、運搬用の諸経費等も明示&説明してくれる

そしてもうひとつは足場や養生、諸経費といった費用です。例えば建物の形状や階数、隣接する住宅や建物との間に十分なスペースがあるか、物資を運搬するための車両が敷地まで入ってこられるかといった要素によって、金額は変わってきます。これらについても、明示と説明があるかどうかが、優良業者を判断するポイントになります。

以上の通り、見積を依頼する際は金額の大小だけでなく、その記載内容から、業者の善し悪しや信頼度をある程度判断することができます。こうした点もぜひ踏まえておいてください。

板橋区 検索上位10業者のWEBサイトチェック結果
板橋区 検索上位10業者のWEBサイトチェック結果