板橋区の外壁塗装業者 » 外壁塗装の費用にまつわるQ&A » 外壁塗装工事の手抜きの手口とは?

外壁塗装工事の手抜きの手口とは?

悪徳業者が行う、外壁塗装の手抜きとは?

本ページでは、外壁塗装の業界において、悪徳業者が行う手抜きの手口や注意すべき点などを解説していきたいと思います。

外壁塗装はそれなりに費用がかかるもの。安すぎは注意

率直に言ってしまいますと、外壁塗装というものは、それなりに費用をかけなければ、本来の目的である、建物を風雨や紫外線のダメージから守るという役目を果たすことはできません。一方で、外壁塗装に限ったことではありませんが、高額な出費をできることなら抑えたいというのは人情ですね。こうした心理につけ込んでくるのが、悪徳業者の手抜き施工に他ならないのです。

例えば、3社に見積もりを依頼したとしましょう。A社とB社が100万円前後なのに対し、C社は30万円と提示してきたら、思わず安さに飛びついてしまう方も少なくないことでしょう。しかし、この場合は、A社とB社の見積が適正の相場価格であり、C社は手抜きを前提とした価格である可能性大です。

安くするには不正に塗料費用、または人件費を削るしかない

そもそも外壁塗装というものは、塗料の値段や人件費というものが、費用の大きな割合を占めるものです。通常100万円が相場なものを30万円で行おうとしたら、当然それらを削って帳尻を合わせなければなりません。

その手口の筆頭が、ズバリ、塗料を薄めて使うという手口です。当然ながら塗料本来の性能は発揮されず、耐久性も短くなり、短期間で剥離してしまうはずです。また、別の手口としてあるのは、現在主流となっているシリコン系塗料を使用すると言っておきながら、費用的に安価で耐久性も一番下のアクリル系塗料を用いるといったやり方です。

人件費を削る常套手段は、下請け業者への丸投げです。立場の弱い零細業者などに、安い値段で無茶を強いるというやり方で、上前をはねるというやり方ですね。当然ながら、仕上がりなど期待できるものではありません。また、そこまでは行わなくても、熟練の職人に依頼せす、駆け出しの未熟な者に押し付けるということも考えられます。

その他このような不正な方法も…

その他にも、例えば、本来はじっくり手間をかけて行わなければならない下地処理や下塗りを省き、塗装直後の見てくれだけを良くしてごまかそうとする。あるいは、3回塗りを十分に乾かさないまま行い工期を短縮しようとする。足場や養生費用をケチり、事故やトラブルを招くといったことも考えられます。予めこうした手口を知っておき、そうした業者を見極め回避できるようにしておくことも重要です。

板橋区 検索上位10業者のWEBサイトチェック結果
板橋区 検索上位10業者のWEBサイトチェック結果